TOMY
  • Author:TOMY
  • TOMY 

    本と珈琲とスコーンを愛する主婦です。

    大好きだった愛知県豊田市から、
    ここ大阪に引っ越しました。

    行った中で印象的なカフェ・グルメ情報をボチボチと更新中。
    日常のつぶやきなどもダラダラと…
  • RSS
Cafe LULU BLUE
<だらだらのんびり日常&豊中市のグルメ情報など>
プロフィール

TOMY

Author:TOMY
TOMY 

本と珈琲とスコーンを愛する主婦です。

大好きだった愛知県豊田市から、
ここ大阪に引っ越しました。

行った中で印象的なカフェ・グルメ情報をボチボチと更新中。
日常のつぶやきなどもダラダラと…


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


豆かんが食べたいという欲求@nana's green tea
いつの間にこんなに多くの店舗を持つお店になったんだろう。
初めて東京でみかけた時はまだ、「コーヒーではなくお茶を扱った珍しいカフェ」という印象だった。
そりゃお茶を扱う喫茶店や甘味処なんて数多あるけれど、
オシャレな場所、スマートな店内、うん、そうスタバの抹茶版といった雰囲気で。
それが当時は珍しかった気がする。
今や、イオンなどでもよく見かけるぐらいメジャー化しているなんてねぇ。
あの頃の私がいた場所からは遠く離れた、ここ大阪の土地でも
こうして当たり前のように利用できちゃうんだもの。

fc2blog_20151128224406396.jpg
抹茶生チョコレートパフェとかクリームあんみつとか
そ~ゆ~クリーム系スイーツにもたいへん惹かれましたが、
なんだか急に「ま、豆かん!!!!」って気持ちになったんですね。
豆かんをメインに据えると、おのずと煎茶をセレクトすることになります。(個人的確定事項)
というわけでこんなセットです。
豆かん430円に宇治煎茶250円。

fc2blog_20151128224351942.jpg
私はこの赤エンドウ豆のこりりとした歯触りと、
ほっくりした素朴な味わいが大好きです。(豆大福はあんこより生地についている豆が好きなぐらい)
黒蜜と寒天と豆とを一緒に掬って食べた時の、
食感の楽しさと懐かしい味わい。

豆かんて不思議なんだけど、
懐かしいのに決して田舎っぽくないっていうかな、
子供の頃憧れて食べた大人の味って気がする。
小さい頃は寒天の無味さと甘さが黒蜜だけというシンプルさが
どうしても美味しいと思えなかったもんな。
今はなぜか心から美味しいと思える。

開高健氏が榮太樓の豆かんの缶詰を、いつも海外へもっていって食べているという描写を
何かの本で見たとき、
読んだ当時は「そんなもんかなぁ」と思っていましたが。
今は激しくうなずけます。

でもきっとこのお店ではクリームなんちゃらとかのほうが
売れ筋なんだと思います。たぶん。
美味しいのに、豆かん・・・

ナナズグリーンティ イオンモール伊丹テラスカフェ / 伊丹駅(JR)伊丹駅(阪急)

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://lulublue1120.blog102.fc2.com/tb.php/341-4455c8e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)