TOMY
  • Author:TOMY
  • TOMY 

    本と珈琲とスコーンを愛する主婦です。

    大好きだった愛知県豊田市から、
    ここ大阪に引っ越しました。

    行った中で印象的なカフェ・グルメ情報をボチボチと更新中。
    日常のつぶやきなどもダラダラと…
  • RSS
Cafe LULU BLUE
<だらだらのんびり日常&豊中市のグルメ情報など>
プロフィール

TOMY

Author:TOMY
TOMY 

本と珈琲とスコーンを愛する主婦です。

大好きだった愛知県豊田市から、
ここ大阪に引っ越しました。

行った中で印象的なカフェ・グルメ情報をボチボチと更新中。
日常のつぶやきなどもダラダラと…


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


ベーグル・モーニング♪
久々のモーニング記事です。
引っ越しをしてしばらくバタバタとしていましたが、
生活も落ち着いてきて、ゆっくり朝モーニングをしたくなりました。
休日のモーニングとは、特別な時間ナノデス。

今日はベーグルで行きましょう♪
fc2blog_20151031221723f12.jpg

豊中の駅から、住宅街のほうへ・・・自転車で5分ぐらいの距離?
fc2blog_20151031221739a5b.jpg
たくさん説明や写真が貼ってあるので見つけ易いと思います。
店の外を見るだけでもベーグルへのこだわりが分かりますねぃ。

ベーグル半分、サラダとスクランブルエッグ+珈琲で450円★
プラス料金でベーグル増量できました。
ベーグルモーニング・・・楽しみだなぁ~♪ ・・・来たー!!!
fc2blog_20151031221833b57.jpg

珈琲もとてもよい香りです。
fc2blog_20151031221945495.jpg

サラダもスクランブルエッグも、今そこで作りました感が嬉しい。
プレーンベーグルははちみつにつけて頂きます。
fc2blog_20151031221924ceb.jpg
ベーグルを噛むと、歯に当たった瞬間はパリっとしているんだけど
舌で味わう段階にはモッチリ、ぎっしり。
大手のパン屋さんでよくある、「これ茹でてないんちゃう!?」系のふわふわベーグルもどきではなく、
ちゃんとしたモチモチ系のベーグルです。
皮がパリっとしているのがいいですね。それも、硬いと感じない程度にわずかに。
計算されたベーグルといった印象です。さすがベーグル専門店!

~ちなみに~
・テイクアウトもあります。充実したラインアップ。

・名古屋式喫茶店に慣れている身としては、このへんの街中の喫茶店にはだいたい駐車場ナイデス。
あと、名古屋では必ずあった雑誌類がない喫茶店がほとんどなんですね!
なかなかカルチャーショック(・・・というほどでもないか)。
これからもっとたくさんの大阪のカフェに行ってみたいです。

カレイド ベーグルカフェ / 豊中)

昼総合点★★★☆☆ 3.7



スポンサーサイト
空港の街
今住んでいるところは、空港に結構近い場所にあります。
私は飛行機嫌いではありますが、飛行機が飛び立つのを見るのは好きです。
なんでしょうね、なんかロマンがありますね。

fc2blog_20151028172417673.jpg
こんな近くに見れるように公園があります。
家族連れやカップルが結構来てました。風がなければお弁当なんか食べても気持ちいです。

空港の屋上からは展望台があり、そこで色んな人が思い思いに飛行機を見てのんびりしています。
fc2blog_20151028172352b6a.jpg

平日のお昼にお暇な主婦は、ここでノンビリおやつタイム。
fc2blog_20151028172442086.jpg

一番きれいな時間帯はこの時間です。
fc2blog_2015102817250982d.jpg
雲間から太陽が差し込んで、ブルーとピンクがまじりあう雲が綺麗。
車の街から飛行機の街に来ました。
次は船の街・・・?!
しばらくは、引っ越ししたくないですけどね(汗)
【ドラマレビュー】パンとスープとネコ日和
公式はこちら

私、いわゆる連続テレビドラマってほとんど見ないんですよね。
相棒ぐらいはたまーに見るかな?
これは有名だろうっていうようなドラマはほとんど知らないので、
ミーハーな母とはしょっちゅう話が合わない(笑)。

そんな私がDVD貸りてのんびり見ているのがこれ。
小林聡美主演、もたいまさこ共演。
もう、「カモメ食堂」「めがね」の世界観を日本の東京下町にうつしただけではないだろうか。(笑)
ショッキングな出来事は何も起こらない、ドラマチックな展開もない、
一見平坦な日常(これが小林聡美のたんたんとした演技に合うんだな)が、
それでも確実に何かは少しづつ変わっていくというやっぱり「人生」のドラマ。

キャリアウーマンの主人公が、母の死をきっかけにカフェを始める。
メニューはスープとサンドイッチだけ。マニアックなカフェながらそこそこ人気になり、
ナカナカ忙しくもあるんだけど、それを取り巻く近所の仲間やアルバイトの女の子との
やりとりは拍子抜けするぐらいのんびりしていて優しい。

さすが、というかやはりサンドイッチとスープの描写は控えめながらも
美味しそうですねぇ~。手を抜いてないですねぇ。
お野菜とハーブの煮込まれた素朴な香りが画面から立ち上るよう。
カフェ好きな人は絶対小道具のほうに目が行っちゃうだろうな(笑)

何も起こらないと書いたけど、
それでも女性の人生とは、とか母と娘とは、とか
仕事との向き合い方や部下や目上の友人とのコミュニケーション、とか・・・
色々考えさせられる要素はたっぷりあります。
押しつけがましくなく。

原作は群よう子。
715ydeur+RL.jpg

一人の時間はほどほどが一番いい
こちらにきて、ボチボチできそうな仕事も探しつつ、
基本的には家にいて一人の時間が多くなりました。

一人の時間というのは、なくてはならないものだけれど
ありすぎると毒になるなぁとよく思います。
退屈である以上に、なんでも自分の意思でできてしまうので
外的要因がない限りきちんとした制約のある生活が送れない・・・
一日寝ようと思えば寝て過ごせちゃう。
なるべく外に出て、きちんと三食ご飯を作って食べるのを心がけていますが。

ずっとずっと、長い間学校や会社という制約なしに生活したいと
思っていました。まぁ基本怠け者なので(笑)
ただやっぱり社会と繋がっていたい、誰かの役に立ちたいと
思うことは根源的欲求なのでしょうね。
旦那君もきっと、早期退職なんかしたら暇でダメになりそうなタイプです(笑)。

そこで今は、「ご飯を作ること」が、仕事の片手間にやるのではなく
自分のメインの役割となりました。役割があるというのは大事です。
自分と相手の体を作る「食事」にちゃんと向き合うこと。
健康で長く暮らすために・・・主婦の永遠のテーマですね。
お肉のメニューばっかり、味が濃いものが重なっちゃった、
彩が悪い、醤油味ばっかり・・・節約もしなくちゃいけない。
なんだかいまだに迷走している気がします。

作る種類も様々、一度にたくさん作れる母のようにはなかなかなれません。
(でも、冷蔵庫の中の野菜を買い過ぎて腐らせるのはマネしたくないな・・・)
華麗なるスパイス達
大阪もまたカレーの街なんですね~カレーの店が多いこと多いこと。
豊田にいたとき切望していた南インドカレーのお店などが軽々見つかっちゃったりする街。
スリランカカレーから北インドから南インドからタイカレーから・・・
顔がにやついちゃうね~。

中でもここには行っておかなくちゃ、と勇んで行きました
駅近くのビル地下にあるカレー専門店。旧ヤム鐡道。
日替わりの辛さの違う4種類のカレーを2種類選ぶ、合いがけスタイル。
ご飯はターメリックライスと玄米と選べます。

私は一番甘いじゃがいもと大根のチーズカレーと、
鶏のキーマカレー。確か和風(醤油・・・だったかな)という表記がされていました。
fc2blog_2015101514065502e.jpg

この鮮やかなビジュアル・・・!
カレーにハレとケがあるのなら、間違いなくハレのカレー。
スパイスも惜しみなく使われていて、口で弾ける華やかな香り。
スパイスを愛する人が、スパイスを自由自在に楽しんで作っているというか・・・
駅近という便利さ・気軽さ・・・お店の雰囲気や清潔感、それでいて専門店というマニアックさが丁度いいです。

ただこれは好みの問題ですが、
私なんかはどちらかというとハレよりもケを好むというか(笑)、
様々なスパイスと食材の掛け算が少し過剰かなぁ。
ほんの少し「ストラーイク!」を外したバランスだなぁという印象。
スパイス自体はいいものなのだろうなと思うのですが、
コリアンダーパウダーやクミンパウダーの香りがいつもなら美味しく感じるのが
ちょっと苦く感じちゃう、みたいな・・・
ただメニューは色々変わるようなので、中にはどストライクなメニューもあるのかもシレナイ。
時々覗いては行ってみたいお店です。

旧ヤム鐵道カレーライス / 大阪駅梅田駅(大阪市営)梅田駅(阪神)

昼総合点★★★☆☆ 3.7


カサブランカ・シルクって素敵な名前じゃない?
fc2blog_2015101514080911c.jpg
東京駅は美しいですね。東京駅という絵が額縁に入れられて飾られているかのよう。

東京駅はずっと前、気付いた時からずっと工事をしていて、
八重洲側も今よりもずっとずっと何もなくて、通路が狭くて人も多くて…
いい思い出も悪い思い出もありすぎて、なんだかまともに東京駅を見たことがなかった気がする。
こうして離れてみて、工事も出来上がって外観も変わって・・・
荘厳な雰囲気さえある駅舎。こんな穏やかな気持ちで東京駅を眺めて
お食事をする日が来るなんて・・・というセンチメンタルは置いといて。

家族とお食事です。
マニアックでスパイシーな料理が好きな私と父。
オシャレで丁寧な料理が好きな母。
そんな家族全員が満足できるように、ここのお店を選びました。

予約なしの気軽なコース。
生春巻きはマンゴーソースの組み合わせがとっても美味しい。
fc2blog_20151015140835b72.jpg

メインはホロホロ鶏。ソースはキノコの味がしたな。
お肉は柔らかくて、ナイフですんなり骨から外せるほど。
少しクセのある鶏の味を、クリーミーなソースがまろやかにして、美味しい。
フランスパンもついてます。
fc2blog_20151015140858c39.jpg

お野菜のフォー。見た目がとっても美しいです・・・!
こういう繊細なビジュアルで提供してくれるっていうだけでも、
他のベトナム料理やさんにはないなと思わせてくれますね。
fc2blog_20151015140935f67.jpg

この後はチョコレートのムースに、珈琲までつけちゃいました。
家族みんな、大満足♪
そして私は新幹線に乗って、新たらしい場所へ。

本当はとっても高い点数をつけたいのだけど、
普段のカフェめぐりの点数をつける場合と混乱してしまいそうなので、今回は省略なのです。

カサブランカシルク 丸の内店ベトナム料理 / 二重橋前駅東京駅大手町駅


駅前の気軽に行けるインド・レストラン
さて、カフェとカレーと車の街、豊田(←勝手に名付けた)をあとにして、
大阪へやってきました。

それでも毎日愛知レビュアーさんのレビューを見て、
もうすでに懐かしくそして少し寂しい気持ちでいます。
どの土地で、どんな店でどんなものを食べたかというのは
自分なりのヒストリーですから、
その土地を引っ越したからといって、自分に関係ないものにはなかなかなれませんね。
そうはいっても、きっと愛知県のグルメ情報源としてフォローしてくださった方々には
申し訳ないなぁ。レビュアー解除してくださって構わないですし、
これからもたまには見てやってもいいよって方はよろしくお願いします。m(__)m

そんなわけでさっそく、空港近くの駅にありますインドレストランでお食事。
この駅はウロウロしただけで3軒もカレーやさんがあるのですね。
一番駅に近いここはまだ新しそうな内装。店員さんが通りでチラシを配っていたりしてました。

ダブルカレー1150円。
fc2blog_20151015140748772.jpg
上に載っているのはタンドリーチキン。
他にサラダと飲み物もついてました。

ターメリック色のほうがチキンカレー、
赤いのがトマトベースのいんげんとじゃがいもカレー。
見た目通り、驚くほど生クリームの風味が強いです。
チキンカレーはかなりサラサラしているタイプで、まるでポタージュスープのように甘い。
辛さは選べます。スパイス好きな人は自分の好みより1つ上の辛さでも全然OKなんじゃないかな。
タンドリーチキンは普通に柔らかくて美味しいです。

カレー大好きな私からすると、どちらもスパイスが物足りない感じ・・・。
ご飯も普通の日本米で、ターメリックライスでもなく。
驚くようなインパクトがあるお味ではないけど、
お子さんとかそんなにくせのあるカレーが得意じゃない人にはいいのかも。

タージマハルエベレスト 蛍池店インド料理 / 蛍池駅大阪空港駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



【映画レビュー】ソナチネ
「マルサの女」、「ソナチネ」
この前TSUTAYAで借りてきたDVD。

世の中では、「進撃の巨人」とか、「バクマン。」とか、
大ヒット漫画を映画化したものがたくさん宣伝されている中、
そんなマスにヒットしているコンテンツをほぼほぼスルーしてきている私。

このレンタルDVDのラインアップを見て改めて
女がこれでいいんだろうかと思うんですけども。
(だいたい、その前のレンタルが「勇者ヨシヒコと魔王の城」っていう
マイナー&マニア受け連続ドラマDVDだし。佐藤二朗の仏が好き!)

改めてこれら2作品、あまりに有名な作品すぎて説明するのも野暮ですね。
北野のヤクザ映画に伊丹のマルサの映画。
うーん我ながら反社会的なんだか社会的なんだか。
ま、どちらもアウトローを扱った題材なわけですが…

たけしのヤクザ映画はそこそこ見ていますが、
なぜかソナチネだけ見てなかったんですよね。
すごく今更ですが、本当に見てよかった。傑作!

***

キタノ作品の中でも有名な「HANA-BI」と比べてみます。
死と生というテーマ、
作品に流れる静かで、ひょっとすると暖かく癒しの雰囲気、
そしてそれらをすべて一瞬で奪い去る強烈な暴力と血、といった要素は
ほぼ一緒ですが(久石譲の音楽がまた素晴らしい演出!)
ソナチネのほうが、若くて粗削りな感性、といった印象。
(実際監督もソナチネを撮った時は若くて、
事故前だから笑顔が幼くてねー。こんな笑顔だったんだねたけし。)

「HANA-BI」は長年一緒にいる夫婦の疲弊とか、諦めとか、老いや病気、
そういったある程度の年齢になると誰もが感じるものが
うっすらと滲んでいて。
監督自身が年齢を経て表現できるようになった感情なんだろうなぁ。

同じように、ソナチネは
感性が若いからこそ表現できる世界かなとも。
ヤクザの血なまぐさい抗争の中、沖縄の果てに身を隠した
ヤクザ(たけし。組長役)と部下たち、行きずりの女と
子供のように遊ぶ束の間の安住空間。
エア・ポケットのような、現実で流れる血と爆薬から
ほんの一瞬、逃げ込んだ美しい場所。
年若い部下たちや健康で美しい女と、
まるで小学生のガキ大将のように、自然と遊び笑う。
ただもうその弾けるような笑いの中でも
どうしようもない死の気配。
拳銃をおもちゃのようにして振り回し、
ふとすれば弾が当たってそのまま死んでしまう想像すらするのに
底抜けに明るい。沖縄の強烈な太陽光の下、眩しい。

討ち入り(…という表現がぴったりだなぁ)の演出も悪くなかったなぁ。
ぱっと電気が消え、たけしが放ったであろうマシンガンの光と音だけが
ホテルの外から明滅する。
今にも死ぬかもしれない修羅場をくぐってきたのに、
最後は誰にも知られずに自分で自分のこめかみに引き金を引く。

いいなぁ!!!
拳銃と血と暴力のヤクザ・エンターティメントに
物悲しさと切なさと、死ぬ前の一瞬の美しさを加えてある。
キタノ映画の要素がたっぷりつまった映画です。
絵本の中に紛れ込んだような森の中のカフェ
ピーターラビットの世界に紛れ込んだよう・・・。
住宅街の中に突如現る森の中に、瀟洒なイギリス風洋館。

fc2blog_20151013170055950.jpg

扉を開ける前に、ここには何が待ち受けているんだろうとワクワクしちゃうビジュアル。
fc2blog_2015101317012612f.jpg

そこにはぎっしりとマニアックなものから手に取りやすい雑貨まで、アンティーク家具がたくさん。
そう、ここはアンティーク家具のショールームなんです。
fc2blog_201510131701513af.jpg
(写真はティールームの中に展示されていたお皿です。
実際は大きな家具からアンティークレースなどもたくさん売っていました)

サンルームでは椅子やシャンデリアを据えてあり、そこで珈琲がいただけます。
ケーキも用意されていましたよ。
fc2blog_20151013172056cc2.jpg

fc2blog_2015101317001137b.jpg

大きなサンルームで、緑と柔らかい太陽光の中
深窓のお嬢様のような優雅な気持ちで珈琲を。
勿論珈琲美味しかったですよ。もう場所効果だけでかなり美味しく感じちゃうよ。

fc2blog_201510131720274b2.jpg

fc2blog_20151013171957e83.jpg

ここはカフェというよりも、家具や雑貨を探しにきたお客さんが
ゆっくり寛ぐ場所ですね。
珈琲を飲みながら、さっき見たあれやこれや、買おうかどうしようか・・・なんて話したり。

アンティークの雑貨達はそこにあるだけで今までの歴史や記憶を黙って持っているような、
暗くて少し怖い雰囲気がある。
ちょっと薄暗く、埃っぽい、そしてとても魅力的なたくさんのアンティークに囲まれて。

サクラマナーハウス ティールームカフェ / 志津駅勝田台駅東葉勝田台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9



大阪観光をしてみよう!そして生活が始まり・・・
今まで大阪といえばライブで行くぐらいで、
ほとんど観光なんてしたことなかったのね。

一度独身時代にこれまた独身時代の姉と、
旅行に行ったことはありましたが・・・。
その時食べたお好み焼きはふわふわ&とろとろで、
今まで食べた中で一番美味しかったのを覚えています。

***

今回は両方の母と一緒に大阪観光です。
ここぞ!とばかりに高級ホテルのはしごをしました笑。

ホールにてお出迎えしてくれた生花のオブジェ。帝国ホテルといえば、まず気になる場所です。
fc2blog_20151003202705516.jpg
綺麗なうす紫いろの菊でした。つぼみから少しづつ変化して満開になっていくのも計算されて
まるく成形されているみたい。素敵ねー。

ラウンジ。
fc2blog_20151003202747def.jpg

都会のど真ん中なのにみどりに囲まれて綺麗。
fc2blog_20151003202913310.jpg

お部屋も気持ちよかったな。
fc2blog_20151003203030959.jpg


スカイビル・あべのハルカスと、高層ビルのはしご。
あべのハルカスはもう高層すぎて、なんだか現実味がない感じ。
SF映画の舞台みたいね。
fc2blog_20151003202938c7d.jpg

足がぞわっとします。
fc2blog_20151003203059655.jpg

こちらはスカイビル。
スカイビルはあべのハルカスに比べて程よく高層で、
庶民な私としては安心して(笑)景色が見れたかなー。
ビルとビルを繋ぐ空中通路も未来ぽくて面白かったしね。
これから住むところは見えるかな?
fc2blog_20151003203236c77.jpg

そのすぐ近くのWESTINホテルでお泊り。
あぁ、やっぱり素敵なホテルだなぁ。WESTINのビャクダンに似た香りに包まれて・・・
fc2blog_201510032031440db.jpg

fc2blog_201510032032090fb.jpg

fc2blog_20151003203327fba.jpg

そして楽しかった旅行も終わり、二人の母親がかえって行くのを
寂しく見送りました。

***

本格的に大阪での生活が始まり、引っ越しの片付けもようやく9割方終わりました。
旦那君は新しい会社の生活が始まり、
私は再び専業主婦生活です。
しかし3日目にしてすでに挫折しそう・・・。

豊田に来た頃を思い出しています。
あの頃は多忙な毎日からやっと解放されて、むしろ専業主婦生活を楽しめていた気がします。
今はもはや知り合いがいなくて一人で寂しくて、寂しくて、
自分がお金を稼いでいないことが物足りなくてなりません。

時間があるのなら家事を完璧にやれたらいいのですが(汗)
それはそれでちょっとめんどくさい・・・。
あ~つくづく私はものぐさですね。
豊田での生活がすでに懐かしく、
たくさんのカフェに囲まれたあの土地が好きでした。

ここはどんな思いでの地になるだろう?